玄米で腹痛?消化不良を起こす玄米は体にデメリット?

2020.04.12

玄米は、体にとって良い食べ物と言われている一方、玄米は、体にとって悪い食べ物として紹介されています。

それは、両方の特性どちらも実際に持っているからです。

では、その原因と解決方法をこれからご紹介していきます。

 

      ・目次

   1.玄米を食べると体調不良を起こす理由

   2.体調不良を起こさない方法は?

 

 

1.玄米を食べると体調不良を起こす理由


玄米を食べると、腹痛(胃痛)・下痢などの体調不良を起こすことがあります。

それはなぜか?

根本的理由は「炊き方が間違っている」ということです。

さらに深くいうと、「発芽をさせていない」「浸水をせず炊いてしまっている」ことが考えられます。

個人の体質にもよりますが、基本的には、炊き方を間違わなければ、体調不良を起こすことはありません

 

それでは、体調不良を起こす原因について説明していきます。

理由の一つに「アブシジン酸」を摂取していることが原因です。

全員必ず!!というわけではありませんが、このアブシジン酸が胃痛の原因となり、腹痛を起こすことがあります。

代謝異常も起こす可能性もあると言われているため、体に有害・無害にせよ、アブシジン酸を取り除くことをお勧めします。

もうひとつの理由は、炊き上がりが柔らかい玄米ではなく、硬い状態で炊き上がった玄米を食べていることです。

硬い玄米を食べていると、体が疲れやすくなったり、お腹の調子が悪くなってしまう方が多く見られます。

玄米が白米より硬い食感になる理由は、「果皮」と「種皮」で覆われているからです。

この部分に、食物繊維(水稲穀粒の場合、玄米100gあたり不溶性食物繊維2.3g:水溶性食物繊維0.7g)が含まれています。

*****************************

不溶性食物繊維とは、多糖類(非ブドウ糖炭水化物)です。不溶性食物繊維は消化・吸収されません。水に溶けないため緩下剤(かんげざい)的効果があるため、便秘改善や腸内を掃除してくれます。

水溶性食物繊維とは、消化と吸収を遅らせます。水分を吸収し、ゼラチン質のネバネバした物質になります。

*****************************

「果皮」と「種皮」の食物繊維部分を柔らかくせずに、食べてしまうと、

硬いまま玄米が胃に到着してしまい、柔らかいものを消化するより、多くのエネルギーを使って消化しないといけなくなります。

消化は、思っている以上に、エネルギーを使ってしまうので、体が疲れてしまったり、うまく消化されずに、腹痛を起こすことがあります。

「発芽をさせていない」

「浸水をせず炊いてしまっている」

という、2つのことを改善しないと、体調不良になりやすくなります。

それでは、今から改善するための方法をご紹介します。

 

2.体調不良を起こさない方法は?


 

体調不良を起こさないように玄米を炊くには、

「浸水をしっかりする」ことです。

それだけ?と思うかもしれませんが、それだけで解決するんです!

 

では、詳しく説明します。

浸水することで、玄米は発芽してくれます。

発芽とは、0.5mm~1.0mmの芽が出たことを言います。

発芽すると、胃痛の原因とされる「アブシジン酸」が除去されます。

そして、浸水することで、ゆっくりと「果皮」「種皮」へ水が吸収されます。

時間はかかりますが、水が吸収されることによって熱伝導率良くなります。

この状態で、加熱(炊飯)することによって、食物繊維は柔らかくなり、玄米も食べやすくなります。

玄米は体の中で消化されやすい状態になるため、結果的に体へかかる負担を減らしてくれます。

 

「浸水をしっかりする」ことで、

「発芽をさせアブシジン酸を除去する」=胃痛の原因を除去できる

「玄米を柔らかくできる」=消化への負担を改善できます。

しかし、浸水するにあたっていくつか注意点もあります。

「浸水する時間がとても長い」

夏と冬では気温にも差があるため、浸水時間も異なる」

「気温が高い時は、浸水している途中、発酵してしまい匂いが発生してしまうことがある」

ということです。

玄米の炊き方は、いくつか正しい手順が必要になってきますが、炊き方のコツがわかれば、完全栄養食と呼ばれているほどとても体に良い食べ物なので、力を入れず気軽に調理していくことをお勧めします。

※浸水時間や炊き方など、こちらのブログをご参照ください↓

もう失敗しない!ご褒美になるほど美味しく炊ける玄米の炊き方!

褒美玄米専門店 稲妻家
代表&管理栄養士 藤原 拓也

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

農薬不使用のお米購入はこちら

関連ブログ

玄米辞典

https://inazumaya.jp/category/knowledge